取材がありました。

ブログ

img_5080

取材がありました。

本日、土曜日。

湯らっくすアウフグース・マイスター達がタウン情報クマモトさまの取材を受けました。

湯らっくすのアウフグース開催回数は1日男女合計24回です。

深夜1時開催を現在計画しておりますので、26回に増えるかな。

有名な広告求人がある。

南極探検隊員募集
求む隊員。
至難の旅。
わずかな報酬。
極寒。
暗黒の日々。
絶えざる危険。
生還の保障はない。
成功の暁には名誉と賞賛を得る。

 

1900年代初頭に出された求人広告のコピー。

今なら「やりがい搾取」のブラック企業の募集になるんだろうか。

アウフグースサービスが一日3回とか、よくある話しです。

良サービスですから、どのお店も回数を増やしたいと思っていると思う。

「人数さえ揃えば・・」

確かに1日26回やろうと思うと、同じ時間帯にこれ位の人数が必要になる。(仕事内容として清掃・リネン室も含む)

働き方改革の波が押し寄せ、我が社も、変革が求められている。

全ての企業がそうだろう。

今回の改装の裏テーマ。「求人・リクルート」をとても意識しました。

「人数さえ揃えば・・」そのジレンマを経営課題から外したかった。

表参道のスターバックスのアルバイトスタッフの募集には1回で500人の希望者が集まると聞いた。

それに対して、お風呂屋さんは、いよいよ人手不足が深刻化し「変なホテル」みたいに自動チェックインになるんだろうか?

「働き手が集まらず、残念ながら廃業」

こういう風呂屋がこれから出てくるんじゃないだろうか。

以前、ドイツのスパに行った時、大型施設に関わらずスタッフは2、3人いるだけだった。休暇が多いヨーロッパらしい体制なのだろうが、フルサービスに慣れている日本人の自分としては、なんか寂しい気持ちがした。

おっと、そういえば、求人情報を更新しました。残念なことに、レストラン部とセラピスト部に、離職者が出る予定です。長いこと働いてくれていた人たちなので、残念です。またこの二つの部署は伸びてる部署ですので、若干名ずつ募集をいたします。

8月、もしくは9月から働ける人を募集しております。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2017年7月29日(レストラン部|マッサージ部)

アウフグースマイスター達の記事の掲載は、8月27日発売予定の「タウン情報クマモト9月号」です。

ありがとう!