2018年3月のアンケート結果(51件)

ブログ

img_5952

2018年3月のアンケート結果(51件)

2018年3月アンケート結果(51件)

3月はアンケートの数が減りました。1階のアンケートBOXも、落としたりで壊れ気味ですので新しいのに新調しますね。アンケートを始めてから、様々な意見をいただきました。「休業しなければできない箇所」のご意見は5月の改装時に行う予定です。大変お待たせしましたが、少しでも快適に過ごしていただきますように、お客様が使用されるところへの投資は積極的に目に見える形で行なっていきます。このアンケートはただ集めているだけではないというのを是非知っていただければと思います。今後もご愛顧のほどよろしくお願いします。

アンケートBOXは1階脱衣所、2階ドーム前レストラン席、2階旧受付所に設置しております。

◎かごの数が少なくて困ったのでもっと増やしてくれるとありがたいです。(1階女性) 

かごの数は現在男女各4つあります。新品を各8つに増やします。少しお待ちください。

◎露天風呂のテレビ音声聞こえるようにしてください。理由を教えてください。(1階男性)

以前から問い合わせが多い質問です。再度お答えいたします。露天風呂のテレビ付近は、男性の方は外気浴用に椅子が並んでおります。外気浴している時は、放心状態で水の音の方が心地よいです。露天風呂のテレビは撤去予定でしたが、楽しみにしていらっしゃる方も多いということで、間をとって「字幕放送」にて運営しております。今後もテレビの音を出すことはありません。ご理解ください。

  ◎サウナの蒸し風呂の座るところがすき間があいていて、お尻が痛い。どうにかして欲しい。(1階男性) 

改装時に、何か手立てをうちます。角を丸くするとかの対処をします。隙間は、そこから温泉の湯気が出てくる仕様ですので、改善できるかはわかりません。

◎湯けむりがなくなって残念です。スタッフの方、いつも見回ってくれていてありがとうございます。気持ちいいです。(2階女性)

賛否両論をまきおこした「湯けむり」は、12月〜2月がピークで、暖かくなると発生しません。また、「湯けむり」緩和のため、ピーク時期は換気扇で外に出すように来冬からいたします。それでも、いい感じで、湯けむりが立ちのぼると思います。

◎湯船の寝椅子は邪魔です。(男性) 

5月リニューアル時に増やす予定のリクライナー です。現在、湯船に入れて耐久性や使用感などを実験している最中です。先の地震で座り湯の配管が壊れてしまい、それに代わるアイテムとして導入します。タラソテラピー施設でよくみる海洋療法で使われる寝椅子です。サウナ上がりなどに、お使いいただけるように、きちんと調整いたします。ご迷惑をおかけしますがよろしくご理解ください。

◎2F個室にある暖房を消して欲しい。上の個室は特に暑い。(2階男性) 

3月10日頃のご意見です。昼と夜の温暖差が激しい時でしたので、温度の調整がうまくできていなかったと思います。ご迷惑をおかけしました。これから暑くなって行きますので、2階の暖房を始め、浴槽の温度、サウナの温度も変更していく必要があります。温度調整に敏感にならなければいけない時期です。こちらでも細心の注意を払っていきます。また不備があった場合、最寄りのスタッフまでお申し付けください。

◎携帯電話の2階への持ち込みを制限すべし。「フロントでマナーモードを告知」着信音、うるさい、眠れない!!目覚まし音(2階男性)

大変ご迷惑をおかけしております。マナーに関するご意見です。どうか皆さんこの意見をシェアして、心地よい空間作りをお願いします。

  ◎正月、娘と利用したのですが、入浴場がとても暗すぎて・・・(2階女性)

女性浴場は、5月のメンテナンスで数カ所電気を増設いたします。薄暗い感じがするのは確かです。ほど良い照度はどのあたりか?を現在照明のプロの方と打ち合わせしているところです。

◎(男性主浴)浴槽のお湯が汚い。全く改善できてないと思います。アンケート結果にも反映されていなく不信感を持ちます。(1階男性)

詳しくは書けませんが、新湯の投入量が多くなっております。新湯は源湯ですので、鉄分が多く、気泡(ぶくぶく)などの水中から出る空気で、酸化されて表面に出てきます。濾過装置は問題なく動いているのですが、新湯(源湯)の投入量が多いため、澄んだ色にはならないです。ぶくぶくやジェットバスをやめれば、止まりますが、みなさん楽しみにされていますので、そういう訳にもいかないと思っています。対処法として、1日数回オーバーフローをかけて気泡による酸化した鉄分を浴槽から出すという作業をしております。汚れではないのですが、汚く見えるのは確かですので、その辺りはこまめに作業していきます。5月の改装ではその辺りの改修も入っております。2015年に新しく掘った温泉を未だうまく扱いきれていないのと、地震の爪痕がまだ残っていると考えてください。この暴れ馬の源泉が落ち着いてくれるかは、改修して実際動かしてみないとわからないです。落ち着いてくれるといいんですが。。

◎アウフグースがうちわからタオルになっていました。タオルでうちわと同じレベルで仰ぐことは難しいと思います。1時間毎から2時間毎への変更も改悪もいいとこです。社長はじめ従業員の方で実際体験してみてはどうでしょうか?タオルでやっても、やらないのと同じことです。(2階女性) 

きちんとアウフグースを伝えたいんですね。まだ始まったばかりです。少しずつ経験値を積んで良くなっていくものと思います。また、5月の改装でアウフグースサウナは、現在の大きさの60%ほどになります。ちょうどいい大きさのサウナ室になります。今までが大箱すぎて、うまくアウフグースを表現できてなかったと思います。6月にはセルフロウリュサウナも女性浴室に登場します。アウフグースが好きな方なら間違いなく好まれるサウナです。2時間に1回と変更になりますが、「効率」でなく「アウフグースマイスターによる本場のアウフグース」を目指すことが、湯らっくすの生き筋であると思っています。うちわのサービスなら、わざわざ、湯らっくすでなくても、どこでも受けれます。女性アウフグースマイスターと呼ばれるようにスタッフ一同精進してまいりますので、どうかお時間をいただきますようご理解ください。難しい所にあえてチャレンジしていくこと。我々の基本精神です。正直なご意見・ご感想を引き続きよろしくお願いします。

◎お客が少ない時は、ロッカー場所を一番奥壁側にしないでください。開けづらいです。(2階) 

大変ご迷惑をおかけしました。壁側や隣同士にならないよう配慮できるように、あらかじめ把握できるように工夫します。

5月改装工事に関して

今までいただいた様々なご意見から、長期休業してもやった方が良いと判断した箇所を直します。去年7月の改装後から、地下配管が壊れたり、水漏れが発生したり、男性座り湯の超音波風呂が動かなくなったり、予想以上の湯けむりが発生したりと、何かと実は裏でありました。地震の影響が改装後も引き続きあったのも事実です。

「風呂の数を増やして欲しい」「使用できなくなった男性座り湯の超音波復活」「新しくトイレの場所を」など、熱いご意見をいただいていたのですが、日数・コスト的に合わないと判断しました。切実にアンケートに書いていただいたご意見たくさんありましたが、限られた日数・予算の中でコストに見合うパフォーマンスを出してくれそうな工事をいたします。「それはできないけど、こういう解決法でいきます」という代替案を出しております。

「壊れた箇所をそのまま放置しているお店」と思われるのは本意ではなく、休業しても直せるものは直そうとの結論に至りました。ただ、バックヤードを直すだけで約1ヶ月のお休みであれば、残念な気分でしょうし、より魅力的な浴場にすることも考えて工事内容を決定しました。

これ以降、長期休業による改装工事はあと5年はありません。そうであって欲しいです。まだ地震の際、倒れて傷跡残るロッカーなど使用しております。その辺りも全て新調するにはあと2、3年いただくと思います。

今回の改装の工事内容については、湯らっくすホームページ等で随時お知らせしていきます。一つ、今回の改装は地下150メーターから湧き出る毎分300リッター以上の深層地下水(地表からの影響(汚染)が全くない阿蘇の伏流水)を使用した「日本一深いミネラルウォーター風呂」をメインにおこないます。お楽しみに。