2018年6月のアンケート結果(93件)

ブログ

img_6396

2018年6月のアンケート結果(93件)

今回は改装についてたくさんのお声をいただきました。ありがとうございました。まずは決意表明から。「女性にもサウナの楽しさを!」これがメインテーマで6月1日にリニューアルオープンしました。

今の所、女性のお客様からの反応は微妙です。女性はサウナじゃなくて温泉の充実を図った方が良かっただろうか?とか色々悩みましたが、そうではなく、伝え方が下手なだけだと結論づけました。

去年の男性浴場の改装の時は、朝から晩まで浴場に張り付いて、お客様を捕まえては、暑苦しく新しいサウナについて語りましたが、今回は男性(私、社長)ゆえ、それも許されません。暗闇に向かってマシンガンをぶっ放すような気分で、必要以上に批判を恐れていました。

もう、思い悩むのはやめました。悲劇のおっさんを装うのはもう辞めにします。卒業。ぶっちゃけ、凄いサウナ環境を女性浴場にぶっ込みました。「サウナが苦手」という多数の女性からの声を「サウナ大好き」に変えてみせる決意でそうしました。

もうね、madmaxにやりました←こういうのが女子受けしないのかも。サウナより岩盤浴がいい。水風呂は冷たくて入れない。外でクールダウンしてたら風邪引く。そんな女性にきちんとお伝えしたい。館内アンケートはもちろん、SNSやイベントなどできちんとサウナの素晴らしさを女性にも伝えて行こうと思います。

*アンケートボックスは1階脱衣所、2階レストランドーム前席に設置しております。

◎水風呂の上から落ちてくる水が改装前と比べてぬるい。冷たくしてください。(2階男性)

上から落ちてくる水は新水です。そのまま飲むことが出来ます。水風呂の水は、大阿蘇伏流水で、阿蘇から20年の歳月をかけて熊本平野に向けて流れてきた地下150メーターの水です。ちょうど第二帯水層と言われる所です。以前の井戸水と比べ2度ほど温度が高いです。理由は分かりません。専門家に今度尋ねてご報告いたします。水道水質基準は年々厳しくなりまして、新たに飲料適用許可を得るには、湯らっくすの場合、深井戸が前提となります。今回のリニューアル前までは、地下30メーターの地下水を使用しておりました。汲み上げ量も毎分50リッターが限界で、現在の深井戸(毎分300リッター)へ切り替えることにしました。今までの井戸水も十分キレイだったのですが、地表の水が浸透しない深さの井戸水を是非お客様へ提供したかった。サウナを売りにしているなら水が命。せっかくミネラル分たっぷりの水が地下に流れているのに、それを使わない手はないと判断しました。循環させた水であればチラーで冷やせます。でも、少しぬるいかもしれませんが、頭からかぶる水ですので、採れたての新水の方が気持ちいいと思います。また、地震などの際、ご近所の方々に風呂屋として「飲み水、命水」としてお役に立ちたいという想いで、今回水風呂の改装をいたしました。地震で水道が止まった時は、湯らっくすを思い出してください。どうぞ、良い水ですので、ご理解ください。

◎虹が出ると書いてあったが出てない!要返事! (1階男性)

虹はかかっています。ただ時間帯や光の加減で出ないときもあります。madmaxボタンを押していただき、その終了後2〜3秒ほどが一番分かりやすく虹がかかります。今の所、虹がかかるのは水面近くです。これが冬場になりますと、湯けむりなどでまた違った表情を見せるかもしれません。男性の方はmadmax毎分250リッター(増量しました)の水が水面に跳ね返り、そのマイナスイオンによって虹がかかります。あらゆる角度から「湯らっくすの滝」近くの水面を見ていただくと、いつかきっと発見できると思います。女性の方でも、水面に虹がかかっているとの報告を受けております。滝水で大量のマイナスイオンを発生させて虹をかけるという今回改装時の密かなメインテーマに関して、そのミッションはクリアしております。繰り返しになりますが、季節、時間帯により虹の場所や発生が変化すると思います。また、先の質問の補足となりますが、毎分250リッターは強烈な量です。あの水風呂が20分もしない間に空の状態から満水になる量です。何度もmadmaxを短時間で繰り返しますと、その分、水風呂が若干ぬるくなるということも、合わせてご理解ください。

◎改装するたびに悪い。使いにくい。サウナに入り水に浸かるのに階段??バカか!!もっと客のリピーターのことを考えろ!!(1階女性)

大変ご迷惑をおかけしております。階段差は男女共に5センチほど従来の階段より高くなりました。慣れていただきたい。私(社長)も、以前中華料理屋で大好きなサンラータンスープを頼んだら、東南アジア風サンラータンスープにリニューアルされていて、あまりものを言わない方の私も思わず定員さんに苦情を言った思い出があります。おっしゃりたい気持ちは良く分かります。女性の方への水風呂は特に配慮して、子供さんでも親御さんと一緒なら、楽しく過ごせるように、また水風呂が苦手な方でもご利用できるように、浅い前階段など休憩できるくらい広くスペースをとっております。慣れていただければ、きっと喜んでいただけると思います。

◎水風呂が深いからなんなの?お年寄りのこと考えていますか?(男性/女性)

この水風呂を作る前、お年寄りが楽しめないのでは?と私も同じように考えました。最初は深くて怖いかもしれません。過去に事例がなく、始まったばかりで心配してのご意見でしょう。深い水風呂をつくるには、水の環境がよくないと難しいです。幸い、湯らっくすは水の都熊本にあり、井戸の心配はいりません。また、スーパー銭湯ですので、多数のお客様が来られることで、それにかかるコストも管理出来ます。さらにサウナと水風呂は切っても切れない仲で、深い水風呂をつくる必然性もあります。深い水風呂をつくる条件は、偶然か必然か、揃っているのです。先の東京オリンピックの時にフィンランドの選手の要望によりフィンランドサウナが日本に登場してから50年余り。今後サウナブームが継続すれば、更に50年後には、この湯らっくすの水深が基準になってるかもしれません。話を本題に戻します。よく水風呂を見て体験していただきたい。最深部は頭まで浸かる深さですが、安全面を考えて柵をしております。そしてその柵は階段になって登れるように出来ています。最も広い場所は、男性で140センチ、女性で120センチの深さです。身長の小さい方でも、首から上が水面から出る高さです。そして、歳をとっても男の子、女の子。肉も食べれば、美容室にも行きますし、恋愛もするでしょう。元気の源として是非水風呂を利用して欲しいと願っております。多数のサウナ好きのお年寄りからも支持を得られると信じて水風呂を深くいたしました。その評判は甘んじて受ける覚悟です。他にも同様の意見をいただきました。この水風呂がいいか悪いかはその人が自分で判断されるでしょう。ご高齢の方からも水風呂が気持ちいいとの意見も上がってきています。まだ始まったばかり。判断を急がないでいただくと幸いです。

◎改装後のプリントで、温泉地の某湯について書かれていましたが、ああいう風に明らかに分かる対象に文句をつけるのは問題なのでは?自分はあの温泉が好きなので残念でした。(2階男性)

このアンケートをいただいた翌日に、その文面を削除しました。恥ずかしいことをしてしまいました。その文を書いたのがリニューアル当日で、気持ちが高ぶっておりました。つい自店の良さを伝えるつもりが、他店の悪口みたいになってしまいました。今後このようなことがないように配慮してまいります。深く反省しております。ご指摘いただきありがとうございました。

◎旦那にダイソンのドライヤーがあるときいたのでうかがったら女性の方にはなく残念でした。ぜひおいて欲しいです。(2階女性)

女性は、ヘヤービューザーproという、ダイソンと同等の製品を採用しております。女性陣からは、こちらの方が好評でしたので、そうしておりました。とはいえ、比べて見たいですよね。ダイソンドライヤー2台、女性の方(2階メイクルーム)にも設置いたします。

◎サウナ担当のタケシマ君の丁寧な説明、とても優しい言葉使い、客を大切に思う気持ちがとても心に響きサウナ以上に心を温めてくれます。ありがとう。(2階男性)

スタッフへの励ましの言葉は何より嬉しいです。本人もとても嬉しく思っています。今、70%のスタッフが20代です。弊社タケシマを含め、未来ある若手スタッフは、お客様からのお褒めの言葉や叱咤激励で更に成長いたします。これからもどうぞタケシマを始め、スタッフに注目してください。ありがとうございました。